白いコーヒー誕生

〜White Coffee〜

ある日、体の具合が悪く、休んでいた時、いだきしん先生が山元町の焙煎小屋にて、焙煎して下さったばかりのコーヒーを下さいました。パッケージの封を開けた時に、見慣れないコーヒーの色に驚きました。このコーヒーであれば、具合が悪くても飲めるかも知れないと感じ、淹れさせて戴きました。「白いコーヒー」と心の中で名付けました。一口頂いた時、体の中に痛みが走り、次第に、音を立てるようにし歪みが元に戻る体感があり、本来のはたらきを取り戻しました。苦痛が一瞬にし消えたのです。驚きました。エチオピアに初めて行った時、コーヒーを頂き、一瞬にし、疲労がとれ、思わず「薬みたい」と叫んだ瞬間を思い出します。現地の方から薬であることをお聞きした時の驚きは、今も尚鮮明に覚えています。コーヒー発祥の地であり、発見当時から今に至るまで薬とし飲まれていたことを知り、更に驚きました。私は、コーヒーは体に悪い位に思っていたからです。体の具合が悪い時には飲む気になることはありませんでした。今では、日本でもコーヒーが体に良 いことをよく聞くようになりました。私は白いコーヒーを頂いてからは、体が不調の時は率先し飲みたい気持ちが生まれ、頂くと、体が温かくなり、血の巡りが良くなる事がそのまま感じられ、気づけば、不調は消え、元気になっていることに驚き、感謝しています。

朝一番に頂くと、体中が一遍に目覚めていくのです。気がしっかりとし、清々しい水に洗われた様に、心身が浄められます。夜に頂いても眠れないことはなく、癒されることにも驚いています。疲れた夜に、一杯の白いコーヒーに安らぎを感じ、明日への英気が養われます。

暑い夏の日には、アイスコーヒーにし頂くと、炭酸飲料を頂いた以上にスカッと爽やかになります。暑さが吹き飛び、内から力が湧いてきます。コーヒーが飲めない方でも美味しいと喜んで頂き、お身体の具合が良くない時でも、生命が要求し、頂くと、気持ちが良くなると、たくさんの方々からの喜び、感謝の声をお聞きするようになりました。コーヒー本来のはたらきが引き出され、現れたと感謝し、皆様と共にこの喜びを分かち合えればありがたい気持ちが生まれ、ご紹介させて戴きます。お試し頂けましたらありがたいです。

高麗恵子